福祉 バリアフリー

バリアフリーとバリアありー

介護や福祉のためにユニバーサルデザインやバリヤフリーの事が持ち出されますが、床の段差をなくすとかスロープを設けるとか、床の事ばかりに目が行きがちですが、床以外でもユニバーサルデザインのものを使って誰しもが使いやすくすることもバリアフリーの概念のひとつです。
でも、ここでは床の段差についての話とします。
必ずしも床に段差がないとが良いとは限りません。
パーキンソン病と言う病気ですが、体が前のめりとなり早歩き状態のすり足でちょっとした段差で躓き転ぶことがあります。
でも、このパーキンソン病は、2、3cmの段差には躓くのですが、10、15cmの段差にはきちんと認識して足を上げ普通に上がることができるのです。
ですから、玄関の上がり框や浴室の段差などは苦になりません。
何でもかんでもバリアフリーが良いというものでないのでその症状に合わせたものが大切だと、建築と言う仕事を通じ学びました。

板橋 整骨院
腰痛・肩こり・交通事故治療に

お年寄りのものわすれチェックは桜川で

ブリッジで口腔環境改善!

即効性の高い特殊電気治療
驚くほど短期間で鎮痛と治療・改善を促してくれます。

正常な歯並びに

サンプルイメージ1

福祉施設にはバリアフリーが必要です

日本は少子高齢化が進み、介護が必要な人がたくさんいます。
デイサービスや老人ホームなどの福祉施

サンプルイメージ2

社会福祉運動の重要課題、バリアフリー

日本は少子高齢化が進み、介護が必要な人がたくさんいます。
デイサービスや老人ホームなどの福祉施

バリアフリー社会を目指す日本

過去、日本では、バリアフリーの無い社会だと言われました。
それは福祉環境がまだ整っていなかった

バリアフリーが普及している世の中

福祉に関する一般の関心も広まってきて、バリアフリーと言う考え方も多くの世代で認識されています。

Copyright© 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.