福祉 バリアフリーについて

バリアフリーが普及している世の中

福祉に関する一般の関心も広まってきて、バリアフリーと言う考え方も多くの世代で認識されています。
多くの建物で車いす用のスロープや設けられ、車いすでも便利な広いトイレも普及しています。
家や建物の中の段差は、高齢者や障害者だけでなく誰にとってもバリアとなるので、誰にも便利でトラブルを防ぐ物にしようと言う考えです。
介護する側や健常者にとって妨げになる物では意味が無いので、どんな人でも使いやすいことが条件のユニバーサルデザインと言う考えもあります。
人は誰しも歳を取って体が弱ってくるもので、若くて元気な人でも突然の事故で障害を負うことも高い確率であります。
全ての人間がいずれ通る道としてバリアフリーやユニバーサルデザインが重要視されています。

Copyright© 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.