福祉 バリアフリーについて

福祉施設にはバリアフリーが必要です

日本は少子高齢化が進み、介護が必要な人がたくさんいます。
デイサービスや老人ホームなどの福祉施設が多数ありますが、どこもバリアフリーが必要です。
なぜなら、高齢になることで足腰の筋肉が衰え、転倒しやすくなるからです。
もしも高齢者が転倒してしまうと、成人と比べ骨が脆くなっているので骨折の可能性が高く、そのまま寝たきりになってしまうという人も少なくありません。
また、頭をうってしまうと命に関わります。
そのため、段差をなくしてつまずきにくくすることや、階段ではなくエレベーターの設置などが求められます。
また、杖歩行をしている高齢者や、移動には車椅子が必要な人にとっても、バリアフリーは必要です。
バリアフリーにすることで、介護をする人も受ける人も気持ちよく生活を送れます。

Copyright© 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.