福祉 バリアフリーについて

バリアフリー社会を目指す日本

過去、日本では、バリアフリーの無い社会だと言われました。
それは福祉環境がまだ整っていなかったからです。
バリアフリー構造に建物を入れ替える資金を勿体無いとする風潮もありました。
しかし、近年は、それが変わりつつあります。
エレベーターや、手すり等を、駅や公共施設などで設置することにより、バリアフリー社会を目指しています。
又、新たに建設される建物については、バリアフリー構造にする傾向が強くなっています。
これは、日本社会において、福祉環境を成熟させようとしてきたこれまでの歴史を踏まえての判断であり、特に公共施設などにおいて、構造そのものを誰でも利用しやすいようにすることで、上記に記述したような勿体無いという考えを必要であるという考えに一般市民が認識したからであると思われます。

Copyright© 福祉 バリアフリー All Rights Reserved.